合格を勝ち取るための面接のポイント!

工業面接

就職活動において、大きなウエイトを占めるのが面接です。工場などの製造業においても、面接の重要さは変わりません。

 

事前にしっかりと対策をしておかないと、本番で言いたいことも言えず、せっかくの意欲がムダになってしまうかもしれません。

 

では、どのような面接にすれば採用担当者に好印象を与えることができるのでしょうか。

 

製造業の中でもいろいろなジャンルがあるため、一概に「これが正解」とは言えませんが、基本的な考え方としては、「いかに相手を納得させることができるか」ということが重要です。

 

面接を受ける上で、「なぜ」と問われることが多々あります。なぜそうしようと思ったのか。なぜこの工場で働きたいと思ったのか。なぜ以前の職場を辞めたのか。

 

このように、さまざまな「なぜ」という質問を受けるはずです。

 

その際に、相手が十分に納得できるような回答ができれば、かなり良い印象を与えることができるでしょう。

 

製造業の就職において、技術や資格なども選考材料のひとつとなりますが、このような質問に対して納得性が高い回答ができれば、足りない分のスキルをフォローできる可能性も高いといえます。

 

逆に言うと、真面目な性格で技術もあり、意欲があったとしても、さまざまな質問に対して柔軟な受け答えができなければ、あまり良い印象を与えません。

 

大事なことは、相手の求めていることにしっかりと答えるということです。自分よがりの答えにならないよう、十分に対策を練っておきましょう。

参考書籍

企業面接に関する書籍は「転職についての面接本」と「新卒者向けの面接の本」があります。
間違いのないように参考にされて下さい。

 

質問の「建前と本音」が読めれば転職面接は突破できる!・20代~34才の若手編・

1620円

最新版!30代40代の転職採用される面接テクニック

1620円

転職の赤本

1296円

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る