履歴書の重要性

ライバルに差をつける履歴書の書き方!

意思

 

工場などの製造業に勤めたい場合、どのような履歴書を書けば面接官にとって好印象を与えるのでしょうか。

 

面接官はたくさんの履歴書に目を通しています。そのため、書かれている内容が建前なのか、それとも本音なのかというのも見抜いてしまうことが多いものです。

 

そういうこともあり、あらかじめしっかりと対策を立てる必要があります。

 

多くの面接官が重視しているのが、まず内容よりも見た目です。履歴書が丁寧に書かれているかどうかというのが、大きなポイントになります。

 

とはいっても、別に綺麗な文字を書かなければならない、ということではありません。

 

丁寧に書こうとしていることが分かれば十分です。中にはメモのような雑な字で履歴書を書いている人もおり、そのような場合、当然印象は良くありません。

 

また、履歴書は市販のものを使うことをお勧めします。よく求人誌に付録で履歴書がついていますが、そのようなものは使わない方がいいでしょう。

 

さらに、履歴書は鉛筆ではなくペンで書くことになります。ペンだと間違った場合に修正液や修正テープを使うことになりますが、できればこれらも避けた方が無難です。

 

まず下書きをし、それからペンで書くようにして綺麗な履歴書になるように心がけましょう。

 

製造業での仕事内容は作業することが多く、基本的に事務作業は少ないものです。そのため、工場での作業さえできればいいと履歴書を軽視している人もいるかもしれません。

 

しかし、履歴書1枚の中にその人の人となりが見て取れるものです。
丁寧な履歴書を書く人は、仕事も丁寧だろうということが予想できます。

 

また、その逆もしかりです。そのため、しっかりと履歴書に対しても対策することが大切です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る