印象を良くする面接態度

好印象を与える面接に臨む際の態度

態度

 

製造業の職種に就きたいと思い面接を受けることになった場合、気になるのは面接官が役員なのかどうかということです。

 

相手が身分が上の人だと分かると、萎縮してしまう人も多いかもしれません。

 

工場などの製造業の場合、実際に現場である工場で汗を流している人から、室内で事務作業をしている人まで、いろいろな人がいます。

 

そのうちの誰が面接官になのかは、行ってみなければ分かりません。しかし、ひとつだけ言えるのは、面接を担当する人は面接のスキルを持っているということです。

 

何人もの求人応募者を相手にしていれば、たくさんのノウハウを習得しているはずです。

 

面接対策として基本的なことは、相手に好印象を与えるということです。第一印象で相手に違和感を感じさせてしまえば、そこから挽回するのはかなり困難です。

 

まず、ドアを開けたら笑顔で挨拶をしましょう。笑顔と挨拶は、子供から大人まで誰にとっても重要なことです。

 

もちろん歯を見せて笑うというわけではありません。口角が多少上がるくらいの微笑みで十分です。いくら緊張しているからとはいえ、仏頂面では印象が良くありません。

 

また、普段から猫背な人は注意が必要です。背筋が曲がっていると自信がないように見えますし、暗いイメージを与えてしまいます。

 

面接の際はしっかりと背筋を伸ばし、相手に好印象を与えることを心がけましょう。

 

面接対策というと、どうしても話す内容に注意が向きがちですが、このような基本的な部分もしっかりと見られています。

 

ひとつひとつをおろそかにせず、自信を持った態度で面接に臨みましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る