面接はここから気を配る

質問に入る前から面接は始まっています

第一印象

 

就職や面接におけるルールは、昔からほとんど変わっていません。というのも、面接を担当している人が昔からずっとやっているからです。

 

そのため、しっかりとした対策を立てておけば、そうそうピンチに陥るということもありません。製造業や建設業など、いろいろな職種であっても、面接でまず重視されるのは第一印象です。

 

面接官は、事前に履歴書によってあなたの人間像をイメージしています。まずは、そのイメージと実物とのギャップを修正するのです。

 

その人がどのような人間かということは、第一印象だけでかなり分かります。

 

挨拶の仕方や立ち振る舞い、表情など、質問に入る前から面接は始まっていると考えていいでしょう。

 

面接内容ばかりに注意がいってしまってこのあたりがおろそかになると、大きな減点対象ともなりかねません。

 

そのため、面接に入る前から対策が必要なのです。

 

また、それまで工場などに勤めていて転職するという場合、面接官が自分よりも年下であるということもよくあります。

 

そうした場合、人によっては貫禄を見せようとすることがありますが、そのようなことは厳禁です。

 

むしろ、変な威圧感などは意識して出さないようにすることが大切です。

 

ずっと製造業で勤めていると工場内の人間関係だけで生活していることもあり、面接での硬い言い回しには違和感を覚えることもあるでしょう。

 

かといって、挨拶として「よろしくお願いします」だけでは、素っ気ない印象を与えてしまいます。

 

違和感を感じるのは初めのうちだけですので、きちんとしたノウハウに則った言葉使いを心がけましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る