容姿で差がつく面接と服装

第一印象の重要性!面接に臨む際の服装

服装

初めて就職活動をする場合、どんな服装で面接に臨めば良いのか迷っている人もいるかもしれません。

 

仕事が決まるかどうかの大切な面接ですので、緊張するのも当然です。

 

そのため、服装についても対策しておき、しっかりとした心持ちで臨むことが大切です。

 

建設業、小売業、製造業と世の中にはいろいろな業種がありますが、面接に臨む際の服装はそれほど変わりません。

 

オフィスで働くことになるのか、それとも工場で働くことになるのか、仕事の際の服装は異なりますが、面接のときは同じような服装となります。

 

どのような業種であっても、基本的なスタイルとしては、スーツかジャケット、シャツ、ブラウスなどを着ていくのが無難です。

 

色も黒や紺、グレーといった派手でないものが良いでしょう。靴も男性ならビジネスシューズ、女性ならローヒールといった華美ではないものにします。

 

目立とうとして、変に個性的な服装をしていくのは避けましょう。あくまで常識的な格好を心がけます。

 

面接官は、ここで最低限の常識を持っているかどうかを判断しています。そのため、奇抜な格好はマイナス要素にしかなりません。

 

服装はあくまでも最低限のマナーが守れていれば十分です。

 

それよりも力を入れて対策すべきなのは、面接での受け答えになります。そのあたりをはき違えないようにしましょう。

 

工場などの製造業であっても、面接の際はジャケットやスーツなどで行くようにし、ラフな格好で臨むのは止めたほうが良いでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る