協調性と意思の疎通の重要性

製造業であってもコミュニケーション能力が大切

握手

 

普段から人とコミュニケーションを取るのが苦手だという人は、面接の際にも苦労することが多いものです。

 

しかし、面接官はコミュニケーションがきちんとできるかどうかという部分もしっかりと見ているため、対策が必要になります。

 

現在、多くの仕事は機械に置き換えられています。製造業でも同様で、工場での作業の多くは機械がやっています。

 

では、実際に製造業である工場で働く人たちが何をしているかというと、機械やコンピュータができないことになります。

 

その多くを占めるのが、お客様や同僚とのコミュニケーションです。まだまだコンピュータだけでは十分な対応ができないため、そこで人間の力が必要となります。

 

そう考えると、製造業であってもコミュニケーション能力がまったく必要ないというわけではないのです。

 

製造業の仕事というと、黙々とものを作っているイメージがあります。そのため、人とのコミュニケーションなど全然ないような印象もあります。

 

しかし実際に働くとなれば、いろいろな指導を受けたり、自分から人にものを教えるというシーンも出てきます。

 

コミュニケーションが苦手だと、どうしても面接も苦手となりがちですが、しっかりと対策をすれば、それほど困難なわけではありません。

 

何度も繰り返し練習することで慣れてきますし、ある程度緊張するのは誰でも同じです。

 

あまり肩に力を入れすぎないよう、正直に自分の考えを伝えることができればそれで十分といえるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る