工場の面接のポイント

工場の面接で聞かれやすい質問は完璧に!

質問

 

製造業、中でも工場で働く場合の面接では、だいたい質問されることが決まっています。

 

そのため、事前に聞かれそうな質問への対策をしておけば、気持ちに余裕を持って本番に臨むことができます。

 

まず聞かれることが、これまでの工場経験です。これは、ないからといって不利になるわけではありません。誰でも初めは初心者ですので、正直に答えましょう。

 

対策をしてないと質問の意図がわかりづらいものに、胃腸の状態の質問があります。頻繁に作業を中断することになれば、それだけ作業効率も落ちてしまいます。

 

そのため、トイレに行く頻度について尋ねているのです。特に問題がなければ「大丈夫です」と答えておきましょう。

 

製造業の場合、コミュニケーションの機会も少ないと思われがちですが、人間関係についての質問もよく聞かれます。

 

工場ではいろいろな人が働いています。年齢の幅も広いですし、さまざまな経歴を持った人もいます。また、夜勤になると昼間と雰囲気が変わる人も少なからずいます。

 

質問に対しては「良好です」と答えておけば、特に心配はないです。場合によっては、借金の有無について聞かれる場合もあります。

 

これは長い期間働いていない場合は特に聞かれることが多い質問です。

 

借金と聞くと自分には縁がないと考える人もいるかもしれませんが、家や車をローンで購入している人は多いはずです。そのため、「ローンならあります」といった答えが無難でしょう。

 

このように、多くの工場での面接では聞かれる質問がおおよそ決まっています。そのため、事前に対策しておけば慌てずに対応することができます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る