製造業の良い面と悪い面

製造業のメリットとデメリットを確認しよう!

良し悪し

 

近年の日本では、工場などで汗水流して働くよりもオフィスでの事務作業の方が人気があります。しかし、工場をはじめとした製造業には、さまざまなメリットがあります。

 

まず挙げられるのが、給料が良いということです。残業代もしっかりとつくことがほとんどで、生産すればその分だけ給料に反映されます。

 

需要がある資格を持っていれば、同世代の会社員よりも給料が高くなることも珍しくありません。

 

また、資格の強みがあり、有益な資格なら、再就職にも有利です。

 

もちろん、ただ資格を持っていればいいというわけではありません。就職するためには、面接に対する対策も必要になってきます。

 

事前にしっかりとした対策が練られていなければ面接の際にきちんと受け答えができず、それで失敗してしまうこともあり得ます。

 

面接の際に尋ねられる質問として、「なぜ製造業を選んだのか」というものがあります。志望動機にも大きく関わってくる質問なので、よく考えておかなければなりません。

 

大切なのは、一生製造業でやっていくということを強くアピールすることです。「とりあえず職に就ければいい」という考えでは担当者にやる気が伝わらず、面接で落とされてしまうでしょう。

 

自分がものを作るのが好きだということ、そのために一生を費やすことを決心していることをメインに据えた志望動機を考えておくことが大切です。

 

一方、製造業のデメリットには、なかなか休みが取れないということがあります。

 

製造業の主体は町工場であり、日曜以外はずっと働かなければならないということがよくあります。全員が毎日働くことを前提としているため、なかなか有給を取りづらいというのが実際のところです。

 

どの職業にもメリットやデメリットがあるため、自分が何を重視するかで選択肢も変わってきます。一生食いっぱぐれないことを第一とするなら、製造業はかなり有利であるといえます。

 

そのためにも、就職の際にはしっかりと対策を練って面接に臨む必要があります。面接の際に必ず尋ねられる志望動機は特に時間をかけ、納得がいく答えを用意しておきましょう。

 

対策さえしっかりしておけば、製造業に就職することはそこまで難易度が高いわけでもありません。

 

まずは役立つ資格を取得しておくことが肝心です。旋盤やマシニングセンタなどの技能士資格、または化学薬品を扱う危険物取扱者資格などは需要が多いため、取っておいて損がない資格です。

 

また第二種電気工事士という資格はハローワークでも需要の多い資格です。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る