工場での適性検査と意味

工場での適性検査の傾向と対策

適性検査

 

工場に就職しようとする場合、適性検査が行われることになります。

 

これは面接時に行われる場合と、入社時に行われる場合があります。

 

派遣社員などにも行われることがありますが、そのような場合はそれほど難しいものはありません。

 

この適性検査の結果次第で工場での配属先が決まることもあるので、事前にどのようなものが出題されるのかを知っておき、対策しておくと良いでしょう。

 

製造業での適性検査でよくあるのが、間違い探しです。

 

同じような文字が並んでいる中からひとつだけ異なるものを見つけたり、写真の中から仲間はずれと思われるものを選んだりするテストです。

 

このテストは練習することである程度上手くなるので、対策しておいた方がいいもののひとつです。

 

コツとしては、少し距離を置いて遠目から見てみると、見つけやすいものです。

 

また、細かい作業に向いているかどうかを調べるため、ピンセットで細かいものをつかむというテストもあります。

 

部品やビス、シールといった実際の作業で使いそうなものを所定の位置に置いたり、貼ったりします。

 

普段から細かい作業が得意であっても、面接という特別な状況では緊張で手が震えてしまうことも考えられるので注意が必要です。

 

場合によっては、簡単な計算問題が出題されることもあります。

 

製造業に携わろうとしている場合、実際に自分で計算をする機会はそこまで多くないはずなので、事前に少し練習しておくことをお勧めします。

 

パソコンばかり使っているとふとした時に漢字が出てこないのと同じで、久しぶりだと簡単に思える問題でも意外と戸惑ってしまったりするものです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る