面接担当者に気に入られる質問

面接官に気に入られる質問を用意しよう!

面接

 

しっかりとした資格を持っていれば安定した収入を確保することができる、工場などの製造業。

 

資格さえ持っていれば、万が一その工場を辞めることになっても次の就職に有利なため、とにかく手に職をつけたいという人に、製造業は人気が高い職種です。

 

あらゆる職業に共通することですが、就職や転職の際には面接を受けるのが一般的です。面接で相手に良い印象を与えることができれば、職に就ける可能性がかなり高まります。

 

そのため、実際に面接を受ける前にきちんとした対策を練っておく必要があります。

 

面接において大切なことのひとつに、面接官によって尋ねる質問を変えるということがあります。これは意外と見落としがちなポイントなので、気をつけてください。

 

面接を受ける前に、何を質問するかということを事前に用意しておくと、どうしてもその質問をしたくなるものです。しかし、相手によってはその質問がふさわしくないこともあります。

 

たとえば面接担当者が役員クラスだった場合、具体的な仕事内容やスケジュールについて聞くのは良い質問とは言えません。

 

相手が部長、役員クラスだった場合、会社がどのようなビジョンを持っているのか、事業計画はどのようになっているのかということを聞いた方が相手も答えやすいものです。

 

このように、相手によってすべき質問というのは変わってきます。そのあたりも含めて対策しておくようにしましょう。

 

あらかじめ考えた形通りの質問をするのではなく、相手に合わせたふさわしい質問をすることが大切です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る