転職と離職の時期

仕事を続けながら転職先を探した方が良い理由

時期

 

現在働いている職場に不満があり、転職を考えている人もいるかもしれません。

 

たとえば、工場などの製造業はなかなか休みを取ることが難しいため、ワークライフバランスを考えて別なところへ転職を考えているケースもあるでしょう。

 

転職活動の対策としてまず考えなければならないことに、現在の職場に勤めたまま次の職場を探すのか、それまで勤めていた工場などを辞めたうえで、次の職場を探すのかという問題があります。

 

一般的に、このような場合は現在の仕事をしつつ次の職場を探した方がいいとされています。これにはいくつかの理由があります。

 

まず収入面です。

 

会社を辞めてしまえば、当然収入が途切れてしまいます。自分の都合で退職した場合、失業保険が支払われるまでに数ヶ月の期間が空いてしまいます。

 

そして、今よりも良い職場が見つからないという可能性もあります。同じ製造業で、もっと良い条件のところを探してみたものの、なかなか見つからないということもあり得ます。

 

また、良いところを見つけたとしても、条件が良ければその会社への就職を目指すライバルも多いはずです。そうなると、転職できる可能性は低くなってしまいます。

 

さらに、離職期間が長くなってしまうと、選考の面接の際に不利に働いてしまう可能性が高まります。

 

長い間仕事に就けないことは自分にとってもストレスになってしまうため、精神的にも良いことではありません。

 

以上を考えると、やはり現在の仕事を続けつつ、じっくりと面接などの対策を立て、転職先を探すのが得策と言えます。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る