面接ではポジティブな回答を

面接ではポジティブな回答をすること!

態度

 

さらに良い条件の職場を探すために、現在転職活動をしている人もいることでしょう。

 

現在、工場などの製造業に勤めつつ、転職先を探している人も多いのではないでしょうか。中には、書類選考は通過するものの、なかなか面接を通過することができないという人もいるかもしれません。

 

このような場合は、面接対策が十分ではないことが可能性として考えられます。

 

IT関連、建築業、製造業など、いろいろな業種がありますが、基本的な面接のポイントにあまり差異はありません。

 

特に転職による中途採用の場合は、以下の点について十分に対策をしておく必要があります。

 

まず1つ目が、その人が即戦力として活躍できるかどうかという点です。

 

これはよく聞かれる長所や短所、自己PRなど、さまざまな質問によって確認されます。

 

複数の会社を受ける場合、どこの会社の面接でも同じような受け答えをしている人もいるのではないでしょうか。これはあまり良いことではありません。

 

会社によって求められているものは異なるため、しっかりとそれに応じたアピールをする必要があります。適切なアピールができれば、面接官に与えることができる印象はかなり良くなるはずです。

 

2つ目が、長期的にその会社で働いてくれるかどうかということです。

 

いくら戦力となってもすぐに辞められてしまっては、会社にとってリスクとなります。そのため、なぜそれまでの工場や職場を辞めてしまったのか、といった理由を尋ねられることがほとんどです。

 

転職理由はどうしてもネガティブなものになりやすいものですが、あくまでもポジティブな回答の方が好まれます。

 

転職先の方が自分の理想が実現できそうか、また会社にどのように貢献できるかなど、前向きな回答をするのがいいでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る