製造業の志望動機と説明の仕方

製造業に合格するための志望動機と説明の仕方

工業面接

 

志望動機としてまず書かなければいけない事
【志望動機】

新卒から営業職に就いて約5年、営業職のみに携わって参りました。以後営業職に誇りを持って邁進してまいりましたが、かねてより物づくりに興味があり、今回、御社の求人を拝見し、自分の可能性と、物作りに携わりたいこと、またこれまでの経験を生かしたく志望しました。

 

  1. 当社(志望先)を選んだ理由はなんですか?
  2. 退職理由
  3. なぜ営業職から工場での現場の仕事に就きたいのか?
  4. これまでのあなたのどの様な経験が志望する企業でどのように活かせるか?
  5. ものづくりのどんなところに興味があるのか?など・・・

 

面接官が質問してくる内容は、こちらが述べた内容。例えば(志望動機)についての何かしらの質問。

 

つまり明確に答えられれば問題無しで、答えられない場合はあら捜しのように感じるのではないでしょうか?

 

要点をしっかり抑えた答え、そして「なぜ◯◯ですか」と、相手がどのように質問してくるかをシミュレーションしておく必要があります。

 

また自己PR等についてもまず最初に「結論」から答える。そしてその理由は◯◯です。と答えた方が良い印象を与えます。

 

例1  私の長所は◯◯です。理由は△△だからです。
例2  私は△△で・・・・・それが私の長所です。

 

例2の様に、最初に結論を言い切った方がキリッとしてイメージ的にも好印象を与えますよね。

 

工場の場合、企業側が一番期待及び心配してるのは、勤務態度。休みや遅刻。仕事の覚えの速さ、また対応力や長く勤められるかなど。

 

このあたりも自己PRに絡めると良いと思います。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
このページの先頭へ戻る